夏 今 が 旬 の 野菜を食べて免疫をあげよう

夏の暑さにも新型コロナウイルスにも負けない体を目指そう。
美味しい旬の夏野菜を食べて免疫をあげれば、秋から冬になった時、身体は強くなりいい変化も感じるはずです。

薬膳における野菜の役割

薬膳では、野菜は体の内臓において働きを調節してくれる大事な食材。旬の野菜は、栄養価が高いため、季節に応じた野菜を取り入れることを重視します。

夏が旬の野菜

トマト、なす、パプリカ、ピーマン、キュウリ、とうもろこし、おくら…彩とりどりの美味しい野菜が沢山あります。

野菜も地産地消がおすすめ

漢方でもその土地で採れた野菜は人を元気にする「進土不二(しんどふじ)」といわれてます。つまり、地産地消は、体にいいということです。

リコピンを多く含むトマトで免疫をあげる

リコピンには、高い抗酸化作用があります。ガンや動脈硬化予防になるといわれています。また、胃の消化を助け食欲を回復してくれ、夏バテ、美肌、老化防止に効果があるといわれます。

活性酸素の働きを抑える なす で免疫をあげる

トマト同様にガンや動脈硬化予防になるといわれています。また、体を冷やす作用が強いので、暑い夏に食べるのがおすすめ。利尿効果があり、むくみがちな人に食べてもらいたい。

ビタミン、ミネラルが豊富なパプリカ、ピーマンで免疫をあげる

パプリカ、ピーマンには、高い抗酸化作用があり、免疫力をあげ、生活習慣病、がん、老化に効果があるといわれます。また、風邪の予防、肌荒れ、血流を良くするといわれます。

夏野菜を使った免疫力アップレシピ2つ

薬膳レモン手羽先煮/免疫アップ、美肌効果大の簡単おかずhttps://kiyokukashikokuutsukushiku.work/entry/boiled-lemon
夏野菜カレー
https://kiyokukashikokuutsukushiku.work/entry/natu_curry
最新情報をチェックしよう!