なりたい 自分 は 何 色?印象 は 色 で 決まる

大事なシーンでは何を着るか悩みますよね?
人に与える印象は色選びで決まります。カラーコーディネーターのMERUMOとなりたい自分の色探しをしましょう

こんなことで悩みませんか?

・仕事で大事なプレゼンがある!
・初めてのデート

たいていの人は悩み熟考して大事な一着を選ぶことでしょう。
そして、はたして選んだ服は正しいのかどうか悩み、また別な1着に決めなおす…なんて人も多いはずです。

目次

1.服選びは色の心理効果を利用

悩んだ時は、色の心理効果を利用して服選びをしましょう。色で相手の心理に作用させて心をつかむということです。

服をシーンに合わせて選ぶのは、いまや当たり前ですよね。
必然的に着るべき服のタイプ(ドレスコード)は最初から選択できているわけです。
考えなくてはいけないことは、服の色なのです。

2.見た目の印象は色で決まる

目は脳の一部であり見たものがストレートに第一印象として決定づけられます。色が与える心理効果はとても大きく重要です。相手に好印象を与えるために有効に活用しましょう。

うんちくは、さておきさっそく紹介していきます。

権威・強さを印象付けたい場合

服は「」を選ぼう

黒は、権威、強さ、高級感といったイメージを与えることができます。

プレゼンや優位に商談などを進めたい人はピシッとした黒のスーツなどおすすめです。
男性なら、ネクタイは勝負色の赤系や人の心を和らげる黄色系がいいでしょう。

誠実さや清潔感を印象付けたい場合

服は「」を選ぼう

青は、誠実さを相手に与える色です。

安心感と信頼感を印象付けるのでマンツーマンのコミュニケーションもスムーズにする効果があります。
合わせる色は白が一番です。爽快感も加わり好印象になります。

上品・信頼を印象づけたい場合

服は「グレー」を選ぼう

グレーは、控えめで上品な印象を相手に与えます。自分を抑えたいときや謝罪のシーン
では、グレーを着ることで信用を得る効果があります。

元気・活発な印象を与えたい場合

服は「オレンジ」を選ぼう

男性は、ネクタイをオレンジにするとテキパキとした印象が持たれます。
女性は、オレンジのトップスに白のボトムスを合わせると元気ではつらつと見える効果があります。

優しい印象を与えたい場合

服は「ピンク」を選ぼう

ピンクは、淡い色ほど人を優しく見せる効果があります。

女性は、好きな人と会うときに着るといいですね。
ピンクは、白だけでなく、ベージュやグレーと合わせると優しい印象が増します。
ただし、同じピンクでもビビットなトーンは、きつい・しっかりして見える効果となり、印象も変わってしまします。

情熱的・積極的な印象を与えたい場合

服は「」を選ぼう

赤い服は、全身にまとうと強すぎるほどのエネルギーを与えてしまします。
ネクタイ、トップスかボトムスという具合にポイントカラーで活用しましょう。

女性は、黒いワンピースに赤い靴を合わせると高級感を漂わせシックで落ち着いた中にも積極的な印象を与えられます。

落ち着き・安らぎを印象付けたい場合

服は「」「」を選ぼう

ベージュなどの茶系、グリーン系は、落ち着いた印象を与えるだけでなく相手に安心感を与える効果があります。
年配の方に会うときに着用するといいですね。

カラーコーディネーターが教える色の印象・効果・心理テクニック

色は、人に印象を与えるだけでなく、自分自身にも同様に効果があります。

例えば、黒い服を身にまとえば、自信が持てる効果があり堂々と振る舞えるというわけです。

あなたの大事なシーン、色の心理効果でうまくいくといいですね。

最新情報をチェックしよう!