薬膳とは

薬膳とは『薬食同源』から成り立っている考え方

薬膳とは、漢方の考えをもとに季節、体質、年齢に合わせ食材を選びレシピを作る食事のこと。中国では昔から食材には薬と同じような効果があると考えられていました。その中で、効能や毒性があるもの、すなわち、身体に変化を与えるものを「薬」として利用しするようになったといわれています。「薬」にも「食材」にもなる考え『薬食同源』が薬膳の根本的な考えです。

『薬食同源』と『医食同源』

皆さんは、よく『医食同源』という言葉を耳にすると思います。しかし、この言葉は、あるお医者様がテレビ番組で分かりやすく説明するために『薬食同源』から作られた造語だそうです。『薬食同源』が正しい言葉です。

薬膳料理はまずい?

答えは、「ノー」です( ´艸`)

今でも中国では健康維持のために当たり前のように食事に薬膳が取り入れられています。

薬膳料理は、漢方薬で作った薬っぽい独特な味と、我々日本人は思いがちです。しかし、「薬」を入れた料理と考えるのはかなり違います。先ほども説明したように「薬」と「食材」は共に食べ物であり、区別することなく使えるという考え『薬食同源』が根本にあるからです。

薬膳できよく、かしこく、うつくしく

人間は生きる上で食べなければなりません。そして人は美味しいものを食べると「しあわせ」HAPPYな気分になります。

私のポリシーは「きよく、かしこく、うつくしく」です。

かしこく美味しい薬膳を食事に取り入れ、日々HAPPYな気分積み重ねてみましょう。その積み重ねが、きよく、うつくしい身体へつながります。 

薬膳料理は難しい?

私は、このブログで誰でも作れる美味しい薬膳レシピを紹介ます。手間がかかると思われがちな料理も上手に手抜きし(笑)、楽しみながら美味しい料理を紹介します。是非参考にしてくださいね。

https://kiyokukashikokuutsukushiku.work/entry/walnut_ginger_rice

また、レシピ、体質診断などのご相談も受け付けてます⇒https://kiyokukashikokuutsukushiku.work/entry/contact-us

漢方スタイリストについてはこちらから⇒https://kiyokukashikokuutsukushiku.work/entry/post-myjob

最新情報をチェックしよう!