薬膳簡単おいしい濃厚バスク風チーズケーキ

流行りのバスク風チーズケーキが混ぜて焼くだけの2ステップで作れます。粉末サンザシを入れることで薬膳チーズケーキにしました。

バスクチーズケーキとは?

スペインのバスク地方が発祥といわれています。ほかのチーズケーキとの大きな違いは…

高温で焼き、焦がしたような表面にすることです。

サンザシ薬膳効果♡

①消化を促す

②強心作用、血の巡りをよくする

注意!子宮の収縮作用があるため妊娠中の方は食べないこと!

注意!子宮の収縮作用があるため妊娠中の方は食べないこと!

※現在は、ダイエット効果、コレステロール、血圧を下げる、がん予防などに作用することが認められているそうです。

・クリームチーズ 400g

・生クリーム(ここでは豆乳タイプ) 200g

・砂糖(三温糖) 140g

・薄力粉 70g

・卵黄 4個

・粉末サンザシ(なくても作れます) 大さじ2

・★レモン汁(なくても作れます) 大さじ2

・★すりおろしたレモンの皮 少々(お好みでなくてもOK)

材料(18cm型)♡

①オーブンは210℃で予熱しておく。
 好きな型にクッキングシートを敷く

②クリームチーズをボウルに入れ、なめらかなクリーム状になるまで混ぜる

②砂糖を加えさらによく混ぜる

③卵黄を加えよく混ぜる

④生クリームを数回(3~4)に分けて少しずつ加えながらよく混ぜる

⑤薄力粉、サンザシを振るいながら加え(振るっておいて加えてもよい)、よく混ぜる

⑥お好みで★を加えてよく混ぜたら、型に流し込む

18cm正方形の型(丸型でもいいね)
中パウンドケーキ型 高さがある出来栄えになるよ♪

⑦210℃のオーブンで6~7分ほど焼いたら焼き加減を見て、焦げすぎないようにアルミホイルをかける

⑧180℃にオーブンの温度設定を変えてさらに30~35分ほど焼く(串を刺して何もつかなかったらOK)

⑨冷蔵庫で2~3時間ほど冷やして出来上がり♪冷やすとふっくらしていたチーズケーキはしぼみます。

作り方♡

ポイント♡

最新情報をチェックしよう!